施術内容~施術の流れ

まずは玄関でご対面 (^。^)

店舗と違いマンションの一室ということもあり

初めは緊張されると思いますがすぐにリラックスできます。


部屋に入りましたら……

お茶を飲みながらお話を

ゆっくりと聞かせて頂きます。

些細なことでも遠慮せずにどうぞ。



着替えていただき施術の始まりです。

まずはうつ伏せから……

足から腰、そして背中や腕……

丁寧に診させて頂いていただきます。



次は仰向けとなりリラックスタイム。

頭と首は重要なポイント!入念にお手入れします。

肩周辺や股関節・・も大きく動かしリフレッシュ。


施術終了後は、お茶を飲みながら施術中に感じたことなどをお互いに意見交換。

そのまま雑談に入り話こんでしまう事も……

爽快堂の施術中のイメージを……

『無言』

施術中は基本的には無言です、といいますか必然的に無言になっていきます。
終始お喋りしながら……なんてことはまずありません。

『ゆるむ』

うつ伏せとなり足の方から始めるのですが、上に移行するに従いだんだんと口数が減っていきます。

押したり、引いたり、捻じったり、曲げて伸ばして……と様々な動きを加えられ
次第に心地良さからウトウト……。

その感覚を静かに味わうほどに意識の深層へ と降って行きます。

くつろぎと安らぎの世界へ……

『 恍惚 』

仰向けとなり首や頭に手当てをする頃には夢心地に……。

天然の麻酔がカラダを巡り始めカラダの奥から力が抜けてゆき
床にカラダが貼りつくような沈みむような…

解放感と共に深くリラックスした状態となります。

施術中はあらゆる感覚を味わうことになるのですが、
カラダがゆるむと同時に様々な感情が湧き起こり内面にも変化が生じてきます。
たくさんの夢を次々に見る方も居られます。
抑圧された感情が吐き出され昇華されるのです。

『時間の流れが止る』

正味2時間の施術も終わってみればあっという間だと皆さんは仰います。

疲れの度合いや内面に蓄積されたものによって術後の感覚は様々で、
スッキリ爽快!という場合や力が抜けてぐったり… という場合に別れるようです。
すぐに起き上がることができそうにない場合はしばらく寝ていただくこともあります。  

内側から沸き起こるエネルギーがカラダの隅々まで満ちていくように……。

『 無 』

施術直後はカラダはゆるみ、アタマも空っぽに……。

言葉に表しにくい不思議な感覚だと皆さんは仰います。
施術前とは違った柔らかく素直な表情は見ていて微笑ましいものです。

上体を起こし最後の仕上げをして終了です。

着替えのあとは温かいお茶を飲みながらお話をする時間もまた大切な時間となります。 心身の緊張が解放されたのちに交わす何気ない会話がいいのです。

色々な意味で……

伝わりましたでしょうか?

施術を受けた方がお友達や知り合いに、『どんなことをするの?』と聞かれたときにうまく説明しにくいといわれることが多くどのように伝えたら良いのかと自分なりにまとめてみました……いかがでしょうか。

簡潔に分かりやすくというところまではなかなか行きませんが、これを読みながらなんとなく察して頂けたらと思います。

爽快堂を訪れる皆様が、心からやすらげるよう心を込めて施術いたします。

爽快堂という名の意味

【爽快】-そうかい-

じめじめしたものや、体内にたまった澱(おり)やこだわりなどが
吹っ切れて生新の気をおぼえる様子。

新明解国語辞典-第5版 

こころとからだに溜まっているものを取り除き、きれいに洗い流す……
そんな施術を目指しております。 

心も体もすっきりできてお喋りも楽しめる自由が丘の爽快堂です

自由が丘の爽快堂では疲労や肩こりなど、お体のコリや痛みお疲れをほぐす事はもちろん、気持ちまで軽やかにすっきりと爽快な気分でお帰りいただくことをモットーに施術を行っております。
都立大学駅のお隣にある爽快堂の整体は、痛くないソフトな手技で、お一人お一人のお体と向き合い、1時間から2時間のコースでじっくりと頭の先から足先まで全身をほぐしていきます。
爽快堂では、初めてご利用になる方の為に、写真付で施術の流れをご紹介しております。施術前にカウンセリングでご希望をお伺いし、施術後にはお茶を飲みながら感想やご意見を頂戴しております。都立大学駅から直ぐの整体院で、お喋りも楽しんで身も心もリフレッシュしてください。

自由が丘 整体 自然療法✺爽快堂